iPhoneの修理方法

iPhoneが故障した場合には修理が必要になりますが、iPhoneは通常の携帯電話とは修理の方法が異なります。

iPhoneの修理を正規に行う方法は、iPhoneの正規代理店かアップルストアかアップル公式の修理受付窓口にウェブからか電話で問い合わせる方法があります。

また最近では非正規の修理屋さんでiPhoneの修理を行うところが増えていて、正規店と非正規店の違いは保証の対象になるかならないかと、修理費用が異なる点です。

アップルの正規店で修理をすると保証の対象になりますが、正規店での修理費用は高額になる場合が多く、それに比べて非正規店で修理してもらう場合は、修理費用が安いという特徴があります。

もちろん正規店で修理をしてもらうことをおすすめしますが、なるべく修理代をかけたくない場合は、非正規の修理屋さんを利用する手もあります

(関連記事)福島のiphone修理ショップ

iPhoneを安く修理するには

iPhoneが壊れた場合は、近くのアップルストアなどの正規店に持ち込むのが一番手っ取り早く修理ができるのでおすすめですが、正規店に持ち込んだ場合は、一部分が壊れている場合でも交換修理になってしまう可能性が高くなります。

交換修理になってしまうと機種によっても異なりますが、修理費用に2万円から3万円程度かかるのが普通で、お金に余裕がない人には結構なダメージになってしまいます。

iPhoneの修理費用をできるだけ安くした場合は、非正規店にはなりますが、専門の修理店に持ち込めば良く、最近ではそのようなお店がかなり多くなっています。

非正規店では部分修理で済ませてくれる可能性が高くなり、その場合は1万円前後での修理になることが多くなっています。

正規店と非正規店

iPhoneが壊れることはそれほど珍しいことではなく、防水機能が付いていないiPhoneを水没してしまう人もたくさんいるようです。

iPhoneを水没したりして修理が必要な場合は、アップルの正規店であるアップルストアなどに持ち込めばいいのですが、その場合は修理費用が高くなるというデメリットがあります。

最近ではアップルストアなどの正規店でなくてもiPhoneの修理を請け負ってくれる修理屋さんも多く見られるようになっていて、そのようなお店では修理費用がアップルの正規店に比べてかなり低く設定されているケースが多くなっています。

アップルストアで交換修理になってしまうと、3万円前後の修理費用がかかることがあるので、多くの人は非正規店でiPhoneの修理を行っているようです。